もう寂しくないから

長がった里帰りと追悼の旅が終わり、ご遺骨をパジュのソウル市立墓地に安置する日が来ました。

その日、私たちは早朝5:00から聖公会聖堂の納骨堂に仮安置されていたご遺骨を迎えに行きました。
これまで発見されたご遺骨のなかでも焼ききれていなかったものを火葬するためです。
戦時中、強制的に過酷な労働を負わされ命を亡くした犠牲者たちのなかには、人間の尊厳が保たれた葬礼を受けられなかった方々もいるのです。
酷い場合は浅い穴の中に3人もが重なって埋められてあったり、現在の私たちには想像もできないほど、当時の状況は悲惨だったのでしょう。

火葬も終わり、私たちは一つづつきれいに包んでもらった骨壺を大事に抱いてソウル市立墓地に行きました。
そこには今回帰られた115人の犠牲者とこれから帰郷することとなる犠牲者のための、立派な居場所が用意されていました。
犠牲者のご遺骨が安置されるのを待つ数時間の休息は、ご遺族や参加者からジャーナリストなどこの旅に関わってきた様々な人々が犠牲者との出会いを振り返る機会でもありました。

この日から一週間後は韓国の旧お盆で、パジュの墓地は親族に会いに来た家族で賑やかでした。
親族の墓地や納骨堂の前で談笑を楽しむ家族もいれば、広場でお弁当を広げて一休みを取っている家族もいました。
その光景は、犠牲者たちの新しいお家に人の温もりが伝わっていることを教えてくれて、私たちをホッとさせてくれました。
彼らはもう寒い北の地でさみしい思いをしなくても良いのです。
これから彼らには強制労働犠牲者のご遺族や私たちという家族がいつでも会いに行ける場所ができたから。

こうして115人のお祖父さんたちが北海道を離れ新しいお家に辿り着けたのはとても嬉しいことです。けれども、まだ犠牲者のご遺骨が日本各地に埋められているのを考えると安堵するだけにはいられません。

9月20日、70年以上もかかった帰郷のはじまりが終わりました。
忘れられている人々の、過去の掘り起こしはまた続きます。

Ikotsu_houkan_20150920_2044
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s